ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り

西陣からの便り

誕生日のお祝い。




長女の誕生日のお祝いに、泉仙さんで仕出しを

お願いしました。



いずせん



風邪気味の娘は、鼻が詰まって味がよくわからないらしい(^-^;笑

いずれにせよ、いくつになっても誕生日はめでたいものだ!!!



      **Happy Birthday To Yui 💖**



そのあとは恒例のBirthdaysong の大合唱♬♪笑




ケーキ


今年も家族揃ってお祝いできるしあわせ。

「お誕生日おめでとう!」

 

 

 

大好き、岡崎。




わたしの好きな左京区岡崎界隈。

生まれ育った懐かしい場所です。



小学生の頃は放課後、府立図書館に行ったり、

アリーナ(今はなくなった、スケート場)に行ったり。。。

毎日、ほんとに楽しかった、、、鮮明に記憶に残ってる。



今は、京都会館がロームシアター京都になり、

動物園が見違えるほどきれいに整備されて、

人も増え、

遠い記憶の岡崎とは変わってしまったけれど、

それでもやっぱり大好きな岡崎です。



ロームシアター京都

 

 

雛人形の選び方。

 

日々、お客さまとの出会いを楽しむ女将です。



ご来店いただくお客様へ、、、

大胆かつ、思い切ったお願いがあります。



工房のホームページにあります、

お雛さまの美しい佇まいを作る」と「京ひな人形へのこだわり

のページを必ずご一読いただいてからご来店いただきたく、



と申しますか、、、



「必ず隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」



(うわぁー、思い切って言うてしもた(^-^;)

という、大胆なお願いをする理由。



毎年、

「毎週、何軒もお人形屋さん巡りして、疲れてしもた~」

「もう、何を基準にして雛人形を選んだらいいのか、わからへん、、」

というお客様のお声を耳にすることが多く、

雛人形選びが難行苦行になってしまっているという現実。



お嬢ちゃんのせっかくの初節句をお祝いするお雛さま選びなんですから、

もっと楽しく効率よく、

雛人形選びをしていただくために、

あえて思い切ったお願いをさせていただきます。



「隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」

 

必ず「雛人形の選び方」の参考にしていただけますよ!!

どうか、「お雛さま選びも楽しい思い出になりますように。。。」

 

 

お客様からいただいたお手紙を更新しました。



お雛さまをお届けさせていただいたお客様から毎年、

可愛いお写真と暖かなお手紙をいただきます。



たくさんのお客様が、

「うわぁ、この子かっわいい!!」とか、

「こういう風に飾ったらいいんやね~」とか、

「Y,Kちゃんとおんなじお雛さまがいいんです。」とか、

お雛さま選びの参考にしてくださいます。



今年もたくさんの笑顔に元気をいただきました。

これからもひたむきに正直に、やさしい気持ちで、

お雛さま作りに励みます。



皆さまにはお手数をおかけし、本当に感謝です!

早速ホームページ上に掲載させていただきました。

 

京都で紅葉散歩。



昨日、今年初めてファンヒーターに灯油を入れました。

晩秋です。



今年の京都の紅葉は早い見頃を迎えていますよ。

左京区の真如堂のきれいなこと!(写真はありませんけど、、、笑)

何といっても拝観料がいらないのが、いい!!


そやけど、混雑するお寺にわざわざ行かなくても、

お散歩しているだけで色とりどりの京都です。


鴨川紅葉3

 

 

 

 

 

有職雛とは?




秋深まる京都からお送りする、女将の直伝シリーズ其の四・・・

「有職雛」とは?



皆さま、こんにちは。

またまた女将の奥の深~い直伝シリーズです。



今回は、人形業界でやたら頻繁に使われる「有職雛」とは、一体何ぞや??

という疑問にお答えいたします。



先ず、「有職雛」は「ゆうそくびな」と読みます。

「有職」とは、公家社会のさまざまな決まり事を指す言葉で、

「有職雛」は、お公家さんの着る装束を正しく考証して

作られた雛人形のことをいいます。



お公家さんたちの装束は、身分や年齢、季節によって違うので、

これに合わせて裂(きれ)を選び、雛人形の背丈に合った文様を

人形用に別織りにして衣装に仕立てます。



「有職雛」のお殿様は公式な儀式で着用される衣冠束帯(いかんそくたい)、

お姫様は十二単衣(じゅうにひとえ)を着用していることが多いです。



いかがでしょうか、今回は単純明快な答えに

さぞかしご満足いただけたことでしょう笑


女将の直伝シリーズ、まだまだ続きますよう~

次回もどうぞお楽しみに!!

 

 

御所の中にある「京都迎賓館」に行ってきました。



今日の京都は台風21号の影響で雨降り。

時代祭も中止になってしまいました。


そんな中、京都迎賓館では秋の特別展示が行われているということで

雨にも負けず風にも負けず、警報にも負けず、行ってきましたよ!


素晴らしい数寄屋造りの建物のまわりの広大な池が

お庭と建物に溶け合うように配置されています。

(雨で画像が暗いですね。。。汗)


迎賓館の池


庭2


秋の特別展示「有職(ゆうそく)織物の典雅なしつらえ」。


人間国宝 「喜多川俵二」作の有職織物が

迎賓館の「聚楽(じゅらく)の間」、「夕映えの間」、「藤の間」、

「桐の間」に展示されています。

 

桐の間


有職



即位

 

風合いや質感がとても素晴らしく、「きれいやなぁ~~」と

只々、ため息の連続。


主人は、

「十二単の表着(うわぎ)の仕立ての

ふき(裏地を表に折り返して、表から少し見えるように仕立てた部分)

がきれいに出てたなぁ~」

と言うので、

「さすが、プロ目線!」と感心したわたしでした。


台風にも負けず、行ってよかった~~。

 

 

信州 長野県東御市からの贈り物。



待ってました~~。

ついについに、信州は長野県東御市からサンシャインマスカットのご到着!


マスカット


きらめく宝石、果物の宝石。

キラキラまばゆく光ってます。


サンシャインマスカット



お口に入れると、なんとまぁジュースィ~なこと。

ほんでもって、さっくさく。

さっくさっくジュ~スィ~、さっくさっくジュ~スィ~。。。


やめられない、とまらない、何粒でも食べられちゃう☆

新鮮採れたて産地直送ですよ~、そこの奥さん!笑


最後の一粒までしっかり堪能させていただきました。

東御市の皆さん、美味しいサンシャインマスカットをありがとう~~

 

 

中秋の名月は月見団子を食べる日、ではありません笑

 

明日4日(水)は、中秋の名月、でも満月は6日(金)なんですって。

この季節のお月さんはほんとにきれい。


お風呂から上がって、ベランダの椅子に座りながらお月さんを見るのが

幸せなひととき。

一日を振り返って今日も何事もなく家族が健康で過ごせたことに感謝します。


わたしが子供の頃は、おばあちゃんがすすきとお団子と小芋を

お月さんにお供えしはって、

二階の窓からお月見してたなぁ~、そういう情景って鮮明に覚えてる。


今は、何でもかんでも簡略化してしまいがちやけど、

家族で大切にしてる節目の行事や季節の習わしって、

実はいつまでも子供の記憶に残るものなんですね、、、(しみじみ。。。)


とりあえず、明日はお団子買うてこようっと!笑

 

「うれしいひなまつり」の事実。



昨日から再開した、女将の直伝シリーズ其のⅢ・・・「お内裏(だいり)様とお雛さまって?」


「灯りを付けましょ、ぼんぼりに~♫ お花をおげましょ桃の花~♫・・・」

そうです、皆さんよくご存じの「うれしいひなまつり」。


この二番の歌詞にある「お内裏様とお雛さま~♫ ふ~たり並んですまし顔♫・・・」


実はこの歌詞、「ふ~たり」ではなくて正しくは「4人並んですまし顔」という事実。


「ちょっと、何言うてんの~、もうー。 

学校で ふ~たりって習ったしー」

という、お叱りの声が聞こえてきそうですが、、、


しかしながら、これは事実なんです。

作詞のサトウハチローさん、ごめんなさい笑


つまり、お内裏様=男雛、お雛さま=女雛ではなく、

男雛と女雛一対のことをお内裏様といい、

お雛さま~、も、男雛と女雛一対の雛人形のことを言います。


だから、「お内裏様とお雛さま~♫」というと、

4人の雛人形が並んでることになるんですね。


あぁ~、ややこしい汗


ちなみにうちの工房では、男雛をお殿さま、女雛をお姫さまと呼んでいます。


やはり、「女将の直伝シリーズ」は奥が深い!!(自画自賛。)

次回もお楽しみに。。。

 

1 / 712345...最後 »