Q&A

お客様からよく寄せられる質問をご紹介します。

Q. 飾りつけは、いつ頃、どのようにすればいいですか?

A. 初節句を迎えられます場合には、節分を過ぎてから、なるべくお日柄の良い日を選んでお飾りください。京都では、昔から旧暦の桃の節句(だいたい4月3日頃)にお祝いされるお家も多いですので、そのあたりまで飾って楽しんでいただくのも一つです。
又、ある時、お客様が、「毎年娘のおひなさまを飾る度、両親が娘の初節句のお祝いにと持って来てくれて、一緒に飾った時の光景が目に浮かぶんです。」としみじみお話して下さいました。心あたたまる良いお話だと思います。そこで、わたしたちは、おじいちゃん・おばあちゃんがおひなさまや五月人形をご自身で直接お届けされ、一緒にお飾りされることをおすすめしています。
その後も毎年一緒にお飾りいただくことで、お子様の心の中に本当に大切に育てられたというあたたかい思い出が一生残り、おじいちゃん、おばあちゃんそしてご両親を大切にする、思いやりのある人に育っていただけるような気がします。

Q. アフターサービスはどうなりますか?

A. 当工房でお求めいただいたおひなさまには保証期限は一切設けておりません。いつまでも責任を持ってみさせていただきます。 又、お顔紙の交換や簡単な手直し等、お持ちいただきましたらいつでもさせていただきます。(一部実費を頂戴する場合もございます) ほんとうは定期的に診させていただいて保管状態等のアドバイスをさせていただけるとうれしいです。

Q. おひなさまの入る箱はどんな大きさですか?又、その材質はどんなものですか?

A. おひなさまお二人の入る箱は、大体30~40cm四方位の紙箱です。(但し別売で桐箱もご用意しております) その他、屏風・お道具・お花などの入るお箱がそれぞれ別になり、コンパクトに収納していただけます。

Q. 仕舞い方は、どうすればいいのですか?

A. ドラッグストアや薬局に人形用の防虫剤(無臭タイプ)が売られていますので、適量を入れてほこりを丁寧に払い、お天気の良い乾燥した日にお仕舞いください。 ただし、プラスチック製品の使われているお人形の場合、プラスチックを傷めてしまう防虫剤があるので注意が必要です。 なお、当工房のおひなさまにはプラスチック製品は一切使用しておりませんので、ご安心してお仕舞い頂けます。

Q. 二人目の女の子が産まれたら、やっぱりおひなさまを買うのですか?

A. おひなさまの起源は平安時代の厄払い、流しびなです。ですから、おひなさまはお子様が元気に健やかに成長されるためのお守りです。 それぞれのお子様に一つのおひなさまが昔からの習わしです。

Q. たくみ人形ではお顔も作ってるんですか?

A. 京都のおひなさまは全て分業になっています。当工房は、着付司です。その他、頭司、髪付師、手足師など、それぞれ専門に作る職人がいます。 頭・手足・小道具などが着付師のところに集まり、一体のお人形に仕上ります。

Q. 展示品のおひなさまが届けられるのですか?

A. 当工房では、展示品のおひなさまや、倉庫から出してきたままのおひなさまをお届けすることはありません。ご注文いただいたお客様のために心を込めてお作り致します。 極端な話お衣装柄の出し方まで、お客様のご要望通りにさせていただく場合もあります。(一部、ご要望にお応えできない場合もございます)

Q. 地方発送はできますか?

A. もちろんさせていただけます。もし、ご希望のお届け日がございましたら、なるべくお早めのご注文をお願い致します。

たくみ人形 ひな飾りのご紹介