本物の京ひな人形をお届け
します。

実際に作っている工房だからこそ、品質には自信があります。
また、細やかなご要望にもできる限りお答えします。
「京ひな人形の素晴らしさを、少しでも多くの方に知っていただきたい」
という思いで、ひとつずつ手づくりしています。

たくみ人形 有職御雛人形師 槙野巧雲

雛人形ってどれも同じように
見えるんですけど??

京都の西陣というところで、永年にわたり、京ひな人形の製造・卸をしております、たくみ人形の雛人形司、槙野巧雲と申します。

ご来店頂いたお客様に、一番良く聞かれるのが上の質問です。色々な広告を見ても、お店に見に行っても、たくさんの雛人形が並んでいて、値段も安いものから高いものまで様々で、どれを選べばよいかわからないという方がたくさんいらっしゃいます。

大切なお嬢様の幸せを願って飾る雛人形だからこそ、安ければよいというものでもないし、かといって高い買い物であることに違いはないし。というお客様のお声は、実際に娘を持つ親である私にもよくわかります。

これから雛人形の購入をお考えの皆様に、私たちのお人形作りに対する考えや京ひな人形についてお知らせさせていただくことで、雛人形をお買い求めになる際のご参考にしていただければと思います。

「たくみ人形は工房です。」

正直に申しまして、私たちは昔ながらの小さな雛人形工房ですので、 大量生産品のように安いものは作ることができませんし、作る数にも限りがあります。 未だにお納めする直前まで一体一体の仕上がり具合が気になって、 手直しすることも多く、どうしても納得がいかない時は一から作り直すことも多々あります。 また、良い裂地や素材を見つけたら、値段に関係なく欲しくなってしまい、 出来上がるひな人形のことを考えるとワクワクしてしまうというほど、ひな人形づくりを楽しませていただいてもおります。

大切なお嬢様の幸せが末永く続くことを願い、ひな人形もずっとお供できるように、 一生の宝物にしていただきたいと思っていますので、手間暇を惜しまず、雛人形づくりに全身全霊を傾けています。

販売するだけでなく、「工房」ですので、雛人形を実際に作っているところをご覧頂くことができますし、 あらゆるご質問にも雛人形司の私がその場で、お応えさせて頂きます。 また、お客様のお気に入りの生地・色・柄で、特別に「わたしだけのおひなさん」をお作りすることも出来ます。 お気軽にご相談ください。

「誰にでもお売りしたくはありません」

一生懸命作った雛人形ですから、愛情を持って大切にしてくださる方に買っていただきたいと思います。 私たちにとっては娘を嫁がせる気持ちで、お客様にお届けしています。 雛人形なら何でもいいという方や、安ければいいという方、また高いものならいいだろうと、 人形そのものを見ようとなさらない方は他所のお店に行かれることをおすすめします。

子供さんやお孫さんの幸せを願って、一生懸命雛人形を探されているお客様のために、 全力でお手伝いさせていただくことが私たちの最高の喜びです。 いつまでも毎年飾っていただきたいから、ぜひ何度でも納得いくまでお越し頂いて、 あなただけのお気に入りの雛人形を選んでください!

お客様へのお願い

当工房では、毎年心を痛めていることがあります。

それは、お客様のご希望の日におひな様をお届けできないということです。

おひな様は1月に集中的に売れるので、対応にてんてこまいとなり、ご希望に添えないことが多くなるのです。
うちのお客様は、何度もご来店いただいて、思い入れを持っておひな様選びをされる方がほとんどなのですが、そうやってせっかくお気に入りのおひなさまに巡り会っていただきましても、ご希望の日にお届けできないのがいつも心苦しく、申し訳ない気持ちで一杯になります。

また、お届けを希望される日時が重なることが多いというのも、ご迷惑をおかけする原因のひとつ。3月3日までがひな人形を飾る時期(本当は根拠のないことなのですが)ということで、1月末から2月初旬のお届けを希望される方が多く、また、お日柄を気にされる方もいらっしゃるので、どうしても同じ日に集中しがちなのです。

当工房では、大量に作って発送するというやり方ではなく、ご注文いただいたお人形をひとつずつ丁寧に手作りしてお届けしますので、一度にたくさんのご注文に対応できず、お断りさせていただくこともございます。

そこで、お願いなのですが、
納得のゆくおひな様をお作りする時間を頂戴して、お客様にご満足いただけるおひな様をお届けするために、事情をお察しいただきまして、一日も早いご来店をお待ち申し上げております。

たくみ人形 店主

*ひな人形は節分を過ぎたら飾っていただいて、少しでも長く家族の皆様と共に楽しんでもらえればと思います。因に、3月3日を過ぎたらすぐ片付けないと駄目というのは根拠のないことで、長く飾って楽しんでいただいても構いません。

先代は根っからの職人気質の人だったので、手取り足取り教えてもらうということは全くありませんでした。 ひたすら見よう見まねで少しでも先代に近づきたいという思いから、毎日精進して、今日まで来ました。 まだまだ追いつけたとは言えませんが、雛人形に対する思いは負けないつもりです。

クリスマスやバレンタインといった外国生まれのイベントが盛んになる中で、 ひな祭りをはじめとする日本の伝統行事は年々寂しくなっているような気がします。 これは、私たちひな人形を作ったり売ったりしている側にも責任があると思います。 単なる形式的なものではなく、ひな人形の飾り付けやお祝いを通して親子がふれあう機会であることや、 子供の健やかな成長を願って、みんなの気持ちがこもった雛人形の素晴らしさをもっともっとアピールして、 日本の素晴らしい伝統行事である「ひな祭り」を子孫へと伝えて行きたいと思っています。

お近くに来られましたらぜひ巧人形にお立ち寄り下さいませ。 おひなさんのお話をできるのを楽しみにお待ちしております。

京ひな人形へのこだわり

「伝統」に愛情を込めて。本物の京ひな人形をお届けします。

「伝統」に愛情を込めて。本物の京ひな人形をお届けします。

当店の雛人形は京雛人形という京都独特のお人形です。京都で売られている雛人形の多くが実際には京都で作られてなかったりしますし、 昔からの丁寧な技法で作られているおひなさんはごく僅かです。 私たちは京都西陣の地で、あえて頑なに昔ながらの技法にこだわっています。

当工房で製作した雛人形しか販売しておりませんので、雛人形の組み合わせを変えることや、 オリジナルの雛人形をお作りすることもできます(お時間を頂戴します)ので、お気軽にお申し付け下さい。

私たちは、雛人形は「女の子の一生の宝物」と考えていますので、見えない部分から、 こだわり抜いて手作りしています。こだわりの一部を紹介させて頂きます。

【胴】

一般的には雛人形の芯材に使われる胴はわら胴を使っていますが、 当工房では桐胴を用いていますので防虫効果があり、いつまでも変わらず美しい形を保つことが出来ます。

— わら胴 —

稲わらを束ねて紙で巻いたもので、防虫処理をしてあるものもありますが完全ではなく、虫の卵が中に残っていると、お人形が虫に食われてしまうこともありま す。又、型崩れもしやすいという難点もあります。ただ、人形製作の工程で作業がしやすい為、大量生産に向いているので大半の雛人形はわら胴でできているの も事実です。

— 桐胴 —

桐は、昔から高級和タンスや高価な品物を保管するための箱等にも使われているように、高い防虫・防湿効果が特徴です。たくみ人形では、虫に食われたり、型 崩れを起こさないように、時間や手間を惜しむことなく、桐を芯の部分に使用しています。

心を静かに落ち着けて、お人形のかもし出す特別な情感・空気感を味わっていただきたいので、当工房では立雛や三人官女、五人囃子なども含め、全てのおひなさまの芯の部分(胴)を桐だけでお作りしております(い草も使用しておりません)。

※写真 1:わら胴を使用 2:桐胴を使用

写真 2・3・4 をごらんいただくと、あたかもお話してるかのようなお顔の傾きがおわかりいただけるかと思います。これは桐胴でお作りするからこそできることです。こうす ることでお人形に豊かな表情や趣きが生まれます。それが大量生産の雛人形ではできない、本来のお人形の味わいだという誇りを持って人形作りをさせていただ いてます。

※写真 3、4共に桐胴を使用

【仕立て】

生地を和紙で裏打ちをした後一枚一枚裁断し、それをもう一度のり打ちして糸の始末をしています。

【六枚はぎ仕立て】

姫と三人官女の表着・五衣・単衣は、平安時代の本物の十二単衣と同じ様に6枚のパーツに分れています。 普及品の場合は全然縫っていなかったり、三枚仕立てになっています。 6枚縫うことにより、十二単衣の仕上がりの質感・曲線美が全く違います。

【かさね】

女雛の十二単衣のかさねは、特別な技法により一枚ずつ寸法を変えて段重ねになっていますので、 従来の全て同じ大きさのかさねに比べて大変な技術と労力を要しますが、 微妙なグラデーションのきれいさをより際立たせて、十二単衣の美しさを最大限に生かせる仕立てになっており、 たくみ人形独自の仕様です。

平安時代から、四季の変化によって移り変わる色彩を、かさねの色目に取り入れて楽しむために、十二単衣の衣装の寸法を下に行くほど少しずつ大きくし、段重ねにしていました。

【柄合わせ】

和紙の型紙を裂地に置いて、いい柄だけを使って柄合わせをします。裂地の柄の美しさを最大限に生かしたいので、お殿さまの胸元に一番きれいな柄を出します。裂地をむだなく使う大量生産品にはまねのできないことです。

【唐衣(からぎぬ)の襟裏(えりうら)の仕上げ】

十二単の唐衣の返し襟(襟を外側へ折り返して裏を見せる着せつけ)は切りっ放しの雑な仕上がり(写真1)ではなく、たくみ人形独自の仕様で手間をかけ、何度も試行錯誤を繰り返しながら襟裏の仕上がりの美しさをとことん追求しました。(写真2)


写真 1 一般的な襟裏の仕上げ


写真2 たくみ人形の襟裏の仕上げ

【髪】

一般に売られているほとんどの雛人形は、髪の毛にナイロン糸を使っていますが、 当工房では全ての雛人形の髪の毛にスガ糸(特別に染めた細い正絹の糸)を用いていますので、自然な色つやがあります。 たくみ人形のかわいい雛人形を是非お店でご覧頂きたく存じます。

【木製の手足】

プラスチック製の手足を使ったおひなさまが一般的ですが、たくみのおひなさまは、全て木製の手足を使っています。さらには、桐塑(とうそ)*注1 の手足も使っております。年間の生産量に限りがあるため、たいへん希少価値の高いものとなっています。

  1. 針金で5本指の土台を作る
  2. 手指の形に成形する
  3. 桐塑で肉付けする
  4. 胡粉(ごふん・貝がらを細かく砕いて白い粉にしたもの)を何度も塗り重ねて行く

*注1 桐塑とは、桐の木粉【もっぷん】を生麩糊【しょうふのり】等で練りあげた練物【ねりもの】で、乾燥すると堅固で木材同様に彫刻ができることから、細かい造形表現を特色とする伝統的な素材。

【冠の紐】

昔、男子の正装着用時の冠には紐がなく、「まげ」に「かんざし」を通して留めていました。その後、時代の移り変わりと共に形式的なものになり、現在宮中の行事で冠を付ける際には「紙撚 (こびねり)」という、和紙で作ったこよりのような細い白い紐で結んでいます。ただ、おひなさまは毎年出し入れしていただくものなので、和紙というわけにはいかず、正絹の一番細い白い紐を別誂えして、冠にお付けしています。

たくみ人形は、お顔を大切にしています。

皆さんは、雛人形のお顔はどれも同じと思われていませんか?
お顔を専門に作る頭師によっても表情が違います。

大切なお子様の一生のおつきあいになる雛人形だからこそ、お顔にはこだわっていただきたいと思います。たくみ人形では、現代的なお顔や伝統的なお顔など、お顔のいいものばかり選りすぐっておりますので、 気にいったお顔が見つけていただけると思います。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

ひな人形を選ばれるのはお母様が多いのですが、実際にお金を出されるのはおじいさまやおばあさまが多いようです。
もちろん、可愛いお孫さんのためのプレゼントですから見返りを求める方はおられないと思いますが、感謝の気持ちをカタチにできたら、おじいさまやおばあさまに喜んでいただけるのではと考えたのが「お客様がご注文されたおひな様と同じ生地でつくるにおい袋」です。

ひとつずつ手作りしているひな人形工房だからこそ作れる「におい袋」なら、いつでも身近においていただくことができますし「◯◯ちゃんに贈ったおひなさまは、 こんなんやったなぁ」と思い出していただけるのではないでしょうか。
離れた場所にお住まいの場合なら、なおのこと喜んでいただけるのではと思います。

感謝の気持ちを伝える「におい袋」ですから、私たちも心を込めて作らせていただきます。
余ったハギレで作るのではなく、生地の柄が一番きれいにでるように工夫したり、シルエットにもこだわったりと、雛人形作りと変わりません。
「匂い袋」を通して、家族のこころを繋ぐお手伝いが出来れば、私たちにとっても無上の喜びです。

ぜひご利用くださいませ。
※におい袋のみはご購入いただけません。雛人形をご購入の際、お声がけ下さい。

おひな様選びのポイント

おひな様をお探しの方に、いくつかのポイントをご紹介します。

飾る場所を決めて、その場所の寸法を計って、雛人形の大きさを選びます。

最初に雛人形を飾る部屋と場所を決めます。 直接、日光があたらない落ちついた場所をおすすめします。 そしてそのスペースの間口や奥行きや、家具の配置・大きさなどから、雛人形の大きさを選びます。

飾り方のタイプを選びます。

雛人形といっても、飾り方はいろいろあります。 伝統的な15人七段飾り、親王と三人官女の三段飾り、シンプルな親王飾りなどの中からお好きなものを選んでください。

予算を予め決めておきます。

飾り方のタイプによっても違いますし、雛人形に使われている素材や技術などによっても違ってきます。 リーズナブルなものでしたら10万円代から、平均的には、20万円から35万円ぐらいのもの、 高めのものでしたら50万円ぐらいの雛人形をお買い求めになられる方が多いようです。

自分が気に入ったお顔を選びます。

お人形は顔が命です。どれも、ふっくらやさしいお顔ですが、お人形によって微妙にお顔は違います。 お顔は好みですが、いろんな角度からじっくりお顔を眺めて選んでください。又、お店に並んでいる、おひなさまの頭(お顔)の差し方を見ると(例えば天上を向いている・歪んでいる等)その店のお人形への思い入れや愛情がすぐにわかります。

収納のしやすさも意外なポイントです。

1年のうちの限られた期間しか飾られない雛人形は、収納のしやすさもポイントとなります。 毛氈飾りよりも、ガラスケース付きひな人形の方が収納スペースがいらないと 思われている方もおられますが、一番スペースを取らないのが毛氈飾りなんです。 パーツごとに箱に入れてしまえば、思ったより小さくなります。 しまい方や保存方法、収納時の箱の大きさや個数なども確認しておくと良いでしょう。

お人形のことに関する知識を持っている専門店で、買い求める。

その場限りで商品を売ってしまう安売り店はお人形の知識も少ないですし、 アフターサービスもないお店では、信用もおけません。 一年を通して、お店を開いている人形専門店で、お人形に関する説明をきちんとしてくれる お店でお買い求めになってください。

Q&A

お客様からよく寄せられる質問をご紹介します。

Q. 飾りつけは、いつ頃、どのようにすればいいですか?

A. 初節句を迎えられます場合には、節分を過ぎてから、なるべくお日柄の良い日を選んでお飾りください。京都では、昔から旧暦の桃の節句(だいたい4月3日頃)にお祝いされるお家も多いですので、そのあたりまで飾って楽しんでいただくのも一つです。
又、ある時、お客様が、「毎年娘のおひなさまを飾る度、両親が娘の初節句のお祝いにと持って来てくれて、一緒に飾った時の光景が目に浮かぶんです。」としみじみお話して下さいました。心あたたまる良いお話だと思います。そこで、わたしたちは、おじいちゃん・おばあちゃんがおひなさまや五月人形をご自身で直接お届けされ、一緒にお飾りされることをおすすめしています。
その後も毎年一緒にお飾りいただくことで、お子様の心の中に本当に大切に育てられたというあたたかい思い出が一生残り、おじいちゃん、おばあちゃんそしてご両親を大切にする、思いやりのある人に育っていただけるような気がします。

Q. アフターサービスはどうなりますか?

A. 当工房でお求めいただいたおひなさまには保証期限は一切設けておりません。いつまでも責任を持ってみさせていただきます。 又、お顔紙の交換や簡単な手直し等、お持ちいただきましたらいつでもさせていただきます。(一部実費を頂戴する場合もございます) ほんとうは定期的に診させていただいて保管状態等のアドバイスをさせていただけるとうれしいです。

Q. おひなさまの入る箱はどんな大きさですか?又、その材質はどんなものですか?

A. おひなさまお二人の入る箱は、大体30~40cm四方位の紙箱です。(但し別売で桐箱もご用意しております) その他、屏風・お道具・お花などの入るお箱がそれぞれ別になり、コンパクトに収納していただけます。

Q. 仕舞い方は、どうすればいいのですか?

A. ドラッグストアや薬局に人形用の防虫剤(無臭タイプ)が売られていますので、適量を入れてほこりを丁寧に払い、お天気の良い乾燥した日にお仕舞いください。 ただし、プラスチック製品の使われているお人形の場合、プラスチックを傷めてしまう防虫剤があるので注意が必要です。 なお、当工房のおひなさまにはプラスチック製品は一切使用しておりませんので、ご安心してお仕舞い頂けます。

Q. 二人目の女の子が産まれたら、やっぱりおひなさまを買うのですか?

A. おひなさまの起源は平安時代の厄払い、流しびなです。ですから、おひなさまはお子様が元気に健やかに成長されるためのお守りです。 それぞれのお子様に一つのおひなさまが昔からの習わしです。

Q. たくみ人形ではお顔も作ってるんですか?

A. 京都のおひなさまは全て分業になっています。当工房は、着付司です。その他、頭司、髪付師、手足師など、それぞれ専門に作る職人がいます。 頭・手足・小道具などが着付師のところに集まり、一体のお人形に仕上ります。

Q. 展示品のおひなさまが届けられるのですか?

A. 当工房では、展示品のおひなさまや、倉庫から出してきたままのおひなさまをお届けすることはありません。ご注文いただいたお客様のために心を込めてお作り致します。 極端な話お衣装柄の出し方まで、お客様のご要望通りにさせていただく場合もあります。(一部、ご要望にお応えできない場合もございます)

Q. 地方発送はできますか?

A. もちろんさせていただけます。もし、ご希望のお届け日がございましたら、なるべくお早めのご注文をお願い致します。

工房紹介

小さな工房ですが、心を込めて一生懸命まじめに作っています。

何度でもごゆっくりご覧ください。

小さな人形工房ですが、1階では実際にお人形を制作している工房、2階にショールームを ご用意しています。工房の見学はもちろん、お人形についての説明・ご相談も承りますので、 お気軽に見学にいらしてください。心よりお待ちしております。

2階がショールームになっています。実際にお部屋に置いた時の雰囲気がわかるように、ぼんぼりに灯りをつけたり、 お香や静かな音楽を流してリラックスした雰囲気の中で、 ゆっくりご覧いただけるよう心がけています。 気に入ってお求めいただきたいので、お客様について回るような販売はいたしません。 何か、ご質問がありましたらお気軽に声をかけてください。 お人形についてもっと知っていただけたら、興味を持って見ていただけると思います。

ガレージは下記以外にもご用意しておりますのでお電話していただくか、お店のスタッフに声をおかけ下さい。

map_2

takumi_access_photo

各交通期間からのアクセス方法

「千本上立売」下車

JR京都駅より

-A3乗り場 市バス『206系統』(北大路バスターミナル行)
-地下鉄烏丸線『今出川』駅下車 3番出口 → 西行きバス停より市バス『59系統』または『タクシー』乗車(約15分)

・阪急電車『四条大宮駅』より

北行きバス停より 市バス『46系統』『6系統』『206系統』

・地下鉄『今出川駅』より

西行きバス停より 市バス『59系統』

・JR『二条駅』より

北行きバス停より 市バス『46系統』『6系統』『206系統』

「千本今出川」下車

・京阪電車『出町柳駅』より

西行きバス停より 市バス『201系統』『203系統』

・京福電車北野線『北野白梅町駅』より

東行きバス停より 市バス『203系統』

会社名 有限会社 たくみ人形
住所 〒602-8475
京都市上京区千本通五辻上ル牡丹鉾町552-3
代表取締役 岡田 次雄
電話 075-441-8333
FAX 075-441-8334
営業時間 10:00~18:00
定休日 5月2日~11月 / 土・日・祝日及び不定休
12月~5月1日 / 水曜定休
(3月4日から五月人形との展示替えのため、お休みさせていただく場合もございます。詳しくはお問い合わせください。)
定休日でも前もって連絡いただければご案内させていただきます。
お問い合わせ お問い合わせフォームまたはお電話でどうぞ。

リンク集

たくみ人形が日頃お世話になっている方のサイトをご紹介します。

中森孝文先生 現在、立命館大学経営学部准教授をされています。「知的資産経営報告書」作成時には大変お世話になりました。
上賀茂神社 京都の三大祭の一つ「葵祭」が行われます。境内で月に一回「手作り市」も開催されます。
京都伝統工芸体験工房(京の手習い) 伝統産業に携わる工房やお店での見学やお仕事体験ができます。当工房も登録しています。
日本人形協会 人形関連業者様の集まる、日本最大の組織です。
人形HP検索 全国の人形店を紹介しているリンクサイトです。